穴場的ゆったりダイビングを楽しむならムチズニ

渡嘉敷島の南東部に位置するダイビングのポイントムチズニは、慶良間を代表するダイビングポイント運瀬の近くにあります。
運瀬の潮待ちで利用される事も多くあり、夏場よりは冬場に利用される事が多いポイントだそうです。
そんなムチズニについてまとめてみました。

ムチズニ

ムチズニは、あまり知られているダイビングポイントでは無いかもしれませんが、地形派のダイバーが好んで利用するポイントです。
以前からノコギリダイ(ムチズニ)が多く生息して居た事から、このポイントの名前が付けられたと言われています。
1度海に入ると、美しい珊瑚が広く生息しているのが見え、クレパス等の様々な地形が存在しているポイントで、地形派ダイバーにとってはダイナミックなポイントとして好まれています。
海の透明度は非常に高く、砂地であり、様々な種類のマクロ生物が生息しているところを観察する事が出来ます。
ダイナミックな地形の割にはゆったりとダイビングを楽しめるポイントでもあり、まるで水族館の中に入ったような気分を味わう事が出来ます。
主に生息している生物は、ハナビラクマノミ、ハマクマノミ、メガネゴンベ、キホシスズメダイ、ハナゴ、ウミウシ等です。
1カ所に集合している事もあるので、良く目を凝らして見てみると良いでしょう。
潜る時期によっては、ホワイトチップやコブシメの産卵シーンを見る事が出来るポイントでもあるので、いつ潜るかによって楽しみ方が選べるのも魅力の1つだと思います。

ムチズニでダイビングをするポイント

ゆったりと慶良間の海でダイビングを楽しみたいならとっておきの隠れた名所がムチズニです。
知る人ぞ知るポイントと言う感じなので、混み合う事はあまり無いようです。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP