気分はアドベンチャー、探索ができる慶良間の洞窟スポット

ダイビングスポットにもアクティビティとして大物を見たいのか、それとも群生など魚影鑑賞したいのかにも違いがあります。
楽しみの一つとして、クレバスやアーチの洞窟内を探索するのも、ダイバーとして醍醐味でもあるでしょう。
アドベンチャー気分になれる、慶良間での洞窟スポットを紹介します。

海底洞窟がいくつもある屋嘉比トンネル

屋嘉比島は慶良間の北西にある無人島で、水深は15メートルと浅いスポットです。トンネル内を探索することができ、晴れた日には青い光のシャワーが美しいです。
トンネル内は迷路のように入り組んでいるので、魚を見つけたり、中を探索したい方にはぜひともおすすめするポイントです。
また、透明度が高いことが多くても人気で、様々なコースを楽しめます。ただ、潜る際には中性浮力を取って進まないと砂が舞うので、透明度が薄くなります。
外はテーブルサンゴも見られます。

イセエビなどが見られるクルマイ

渡嘉敷島の南東部にクルマイというポイントがあります。
洞窟内は複雑に入り組んでいて、アクティビティとしては、やりがいがあります。ミナミハタンポの群れを見ることができます。また、岩穴にはカノコイセエビが生息しています。
利点としては、慶良間の中でも一番大きい島である渡嘉敷島の近くにスポットがあることです。水深も15メートルなので、安心して潜ることができるでしょう。

ニタ洞窟や知志などもダイバーから有名

ダイバーとして洞窟スポットの人気場所は、座間味島北西部にあるニタ洞窟や北東部の知志などもダイバーが潜降するおすすめスポットです。
どちらも、スポットライトのような洞窟の隙間から幻想的な太陽光が降り注ぎます。好みは、地形や観察したい魚など変わってきますが、洞窟のダイビングスポットとしては楽しめるのではないでしょうか。

洞窟の魅力は隙間から差し込む青い光

ベテランのダイバーや何度も洞窟を探検しているダイバーは、人が来ないような1人で静かになれる特別なスポットもあるそうです。
やはり、洞窟の見どころは何と言っても、隙間から覗かせる太陽の青いシャワー。
まさに幻想的な瞬間を間近で鑑賞できるので、心を奪われる方も多いではないでしょうか。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP