無人島は自由に観光ができる、慶良間の自然が多いチービシ環礁

慶良間は観光の場所は島々で違います。
特に、那覇市からも近いチービシ環礁は無人島が多いので、自由に観光が可能です。陸地には、自然が残されているので魅力的なのも一つですが、何より水中の透明度も景色が抜群に良いです。

三つの島からなるチービシ環礁

チービシ環礁は、ナガンヌ島と神山島、クエフ島の三つから構成される海域のことです。魚影も豊富なダイビングスポットでも人気が高いです。透明度が高いので、水中の景色は、綺麗に映ります。
沖縄本島の那覇市から慶良間に行くのに一番近い場所でもあります。

穏やかから潮流の速いスポットまで

チービシ環礁周辺は、シュガーヒルなどの白い砂浜が広がるところや、反対にルカン礁などはドロップオフがあるなど、観光の目的によって、堪能できる海域となっています。
特にルカン礁はチービシ環礁は知っていても、ルカン礁は知らないという方は多く、水深30メートルのダイナミックなスポットです。特徴は、透明度や魚影など、観光に行くにはおすすめです。
ルカン礁は、慶良間諸島と沖縄本島南部の中間にあり、自然が残っています。名所は、ドーナツ型でできたサンゴ礁です。

洞窟などの入り組んだスポットも魅力的

観光で水中を探索するのも、ダイバーの楽しみではないでしょうか。チービシ環礁の神山島周辺はラビリンスと呼ばれる、入り組んだ場所が観光名所として有名です。
また、洞窟やクレバスなどは幻想的な光が入ると、思わず息を呑んでしまうでしょう。

慶良間の中心部に入る前に気軽に楽しめる

チービシ環礁は、慶良間の中心の島に行く前に到着することができるので、日帰りには最適なポイントが多数あります。チービシ環礁周辺で観光した後に、中心部に行って景色を堪能するのも良いのかもしれませんね。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP