ゆったりとダイビングを楽しみたいならアラリ

慶良間で比較的水深の浅い所でダイビングを楽しみたいならアラリが良いと思います。
アラリは伊豆半島にある安良里問うダイビングポイントと良く似た光景が広がる砂地である事から、アラリと呼ばれるようになったそうです。
良く似た光景が広がっているからと言って同じ名前が付いてしまうのも不思議ですが、海が繋がっている事の象徴でもあるような気がします。
そんなアラリについてまとめてみました。

アラリ

アラリは渡嘉敷島の東にあるダイビングポイントです。
初心者からでも潜る事が出来るポイントとして有名で、癒し系の風景が特徴的なポイントです。
沖の方まで広がる珊瑚やどこまでも広がる白い砂地は、とても美しいコントラストを演出しており、その風景の中で舞い踊るように泳ぐ魚達はまるで絵葉書の世界のようです。
こうした美しい風景の中に太陽光が差し込んでくると更に神秘的な魅力を発揮し、誰もがその風景の虜になってしまう事でしょう。
アラリのエリアには、根の周辺に様々なウミウシやホヤ、カラフルな魚達が生息しており、明るい砂地と岩肌のベースに彩を咥えているかのように見えます。
比較的マクロな生き物が多いエリアですが、対岸には砂浜があり、ウミガメの繁殖地としても知られています。
運が良ければ、アオウミガメに遭遇する事も出来、一緒に泳ぐ事も出来るでしょう。
孵化したばかりのウミガメを見る事が出来たら、それは非常にラッキーで、貴重な体験となる事は間違いないでしょう。

アラリでダイビングをするポイント

アラリのエリアは、ウミガメの他にもハナビラクマノミを始めとするクマノミの仲間たち、スカシテングダイの群れ、ヨコシマクロダイの幼魚、クレナイニセスズメ、ハリセンボン、サザナミヤッコ等も見る事が出来るポイントです。

関連する記事

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP